最新情報

2013年2月14日体験談
希望に沿った出会いを探す事が可能です
2013年2月13日体験談
今年のバレンタインデーは娘からパパへ
2013年2月1日体験談
ソーラーパネルと携帯電話は一体型になり得るか
2013年1月25日出会い攻略
長男の絵の才能
2013年1月22日体験談
二人目を育てていて、気付いた上手くいく子育ての仕方

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

理想的な存在

セックスフレンドという言葉は長くなってしまいますから、略してセフレと呼ばれることが多いですね。

セフレというのははっきりと定義として作られているものではないのですが、セックスをしたいときに会って、セックスをするための関係だと思っている人が多いかと思います。
セックス「フレンド」ですから、別に交際をしていないということも特徴だと思います。

このセフレを作りたいと考えている人は、男性で多いですよね。
出会い系サイトを使っている男性の大半は恋人作りよりもセフレ作りをしている人のほうが多いのではないでしょうか?
しかし、セフレを作るために出会い系サイトに登録をしたものの、セフレを作ることができなかったという人のほうがかなり多いのではないかと思います。
全体から見て、成功率は低いといえるのですが、どうしてそれでもセフレを作ろうとしている人が多いのでしょうか?

男性というのは、セックスをしたいと考えることが習慣のようになっています。
健全な男性であれば、草食系の男性でも、少なからずは性欲を持っているものです。
なので、風俗店などがとても多いですよね。

セフレを作りたいと考えている人は、風俗サービスは極力使いたくないと思っているんです。
風俗の場合は最低でも1万円以上の出費が必要となりますし、なおかつ本番をしてはならないと法律で定められています。
そうなると恋人を作れば良いようにも思えますが、恋人という存在は鬱陶しいと思っていたり、デート代がもったいないと思っている人が多いんです。
そして、その結果、一番理想的な存在であるセフレを作ろうとして出会い系サイトの会員になるわけです。
また実際のところ、現存している方法で一番セフレを作りやすいサービスになっているのは出会い系サイトであることも事実となっているのです。

トラブルを避けるために

セフレ作りというのは、簡単に出来るものではありません。
ですから、いざセフレを作ることに成功をしたら、嬉しさもひとしおでしょう。
ですが、セフレを作ることが出来たとしても、そこで油断をしてはいけません。

まずセフレも割り切りの関係なのですから、ここからは相手に入られないようにするというプライベートの線引きをするようにしなくてはなりません。
必要以上に自分の情報を相手に教えてしまわないようにしなくてはなりません。
あまり自分のことを相手が知ってしまうと、段々割り切りの関係だけでは物足りなくなってしまうということもあるんです。
そこで関係を終わらせようとしても、自分の情報を与えすぎたせいで、付きまとわれてしまうということだってあるんです。

あなたが恋人も結婚相手もいないのであればまだ良いのですが、妻に知らせると脅迫をされてしまって、妻に離婚届を突きつけられた挙句に慰謝料を支払わなくてはならなくなる羽目だってあります。
そうなると、人生も大きく変わってしまうことになりますよね。
なので、セフレを作ることが出来たからと、気を緩めるのではなく、反対に気を引き締めるようにしましょう。

セフレの関係自体が気持ち的に変わりやすくなりやすいですし、割りきりである反面、お互いの考えに違いが生じてしまうと、 上記のようなトラブルになってしまうことだってあります。
必要以上に自分のことを知られないようにすれば、関係を切っても、付きまとわれたり、トラブルになるということも回避可能となりますから覚えておいてください。

このページの先頭へ